格安通販サイト「モノいいね」がサービス開始! アクセスはこちら。

6gram カッコ良すぎるリアルカード発行開始。

ニュース

開始当初から、「リアルカード予約受付」から一切情報もなく、なんの動きもなかった6gramのリアルカード。

皆が待ちに待っていた中、2021年5月28日 突然「リアルカード発行 6/8より開始」と発表。

うおおおおおおとはなったものの、正直「どうせ普通にJCBのリアルカードだろう。ICチップついたらいいとこかな。」なんて思った。

だが、6gramは腰を抜かすぐらい覆してきた。

”6gram公式サイトより引用”

誰も予想できなかったであろう、スケルトン・ナンバーレス・Visaブランド なカードを発表した。


スケルトンなカードは国内初

実はスケルトン(透明)なカードは、海外ではN26というデジタルバンクが既に発行しており、私も「無理矢理でも作ってやる!!」なんて思っていたぐらい、今までと違った、未来を感じれるようなデザインだ。

それを、6gramが、Visaプリペイドという形で出してきた。

しかもナンバーレスで、安全面にも配慮されたカードとなっていて、カード自体を写して配信する筆者からしたら、「一生ついていきます」レベルの話だ。

郊外でも安心

今まではQuicPay+ or JCBのタッチ決済のみだったため、郊外のスーパーなどでは利用できなかった。

私ももちろんその1人。

でももう大丈夫。

QuicPay+が使えない店舗でも、利用できるようになったよ!

タッチ決済ユーザー大歓迎、Visaブランド

今までは、バーチャルカードのみでブランドもJCBのみで、タッチ決済を出来る加盟店が少なかった。

しかも、JCBのタッチ決済を利用するには、iPhoneが必要だったため、AndroidユーザーはQuicPay+のみの利用しか出来ず、ただQuicPay+が使えるだけのカードだった。

Androidユーザーよ立ち上がれ。

リアルカードが発行され、タッチ決済も利用できるので、Androidユーザーでも、タッチしまくれるようになったわけだ。
ちなみに、iPhoneのようにスマホをタッチして利用することは出来ない。6gramのGoogle PayでのVisaの対応を待とう。

そして前記の通り、Visaブランドなので、Visaしか利用できない場所でも安心して利用が可能だ!

発行には800円。今だけ600円。そして抽選で無料。

本来リアルカードの発行手数料は800円だが、現在は発行開始価格ということで、600円で発行出来る

しかも、発開始記念で、抽選でカードが無料発行できるキャンペーンもやっているが、筆者はいまいちルールや条件が理解できず、早く発行したかったため、600円払って発行を済ませておいた。

キャンペーンが気になる人は公式サイトでご覧あれ→「6gramでグラムをなげないか?

ちなみに、オンライン加盟店はバーチャルカードで。

リアルカードには、一切番号は記載されておらず、アプリから確認することも出来ないという、ある意味とんでも仕様になっている。

だが、安心して。

今までのJCBバーチャルカードに加え、Visaのバーチャルカードも発行出来るようになった

3Dセキュアはちょっとまってね。

今回のアップデートでは、3Dセキュアは対応しなかったが、なんと夏に対応予定だそう。


Sorce1:6gram公式アプリ内お知らせ
Sorce2:6gram公式サイト

公式SNSはこちら
タイトルとURLをコピーしました